経営理念
ショーケース
会社概要
採用情報
リンク

お問い合わせ
サイトマップ
経営理念
ホーム > 経営理念

私たちアオイネオンは理想の社会像として「美しい都市景観の創出」を究極の目標としています。

私たちはインターネットを始めとする膨大な情報からそれぞれに有益なものを選別するのは容易なことではありません。また欲しいと思った情報を的確に探し出すことも技術を要するのが現実です。

サインは、そんな時代の中でいつも変わらずに安定した情報源として価値を維持しています。アオイネオンは情報を的確に伝えるサイン、お客様の心が伝わるサインを造り続けること、それを経営理念として「心、情報、光にカタチに」のキャッチフレーズに込めています。

情報が相手に到達することと、それが価値ある情報として取り込まれることとはイコールではありません。小さいよりは大きいこと、地味よりは派手なこと、埋没するよりは目立つこと、サイン造りにおいて誰もが常識として考えてきたことを、今問い直したいと思います。

お客様(広告主である情報発信者)の伝えたいことが、訴求対象者の方たちに気持ち良く伝わり、その記憶に刻まれることが望ましいはずです。サインに課せられた使命はランドマークとしての機能を別とすれば、存在を誇示することではなく、いかに情報を目的に適った形で伝達するかということです。

景観法が施行され、まちづくりに対する関心も徐々に高まって来ました。景観を考えるうえで、サインは検討すべき重要な要素のひとつになってきたと言えます。
サインは野中に1基だけ建って機能するものではありません。周囲の建物、街並みや他のサインとの共存の中で機能します。訴求対象者に情報がどのような鮮度や温度で到達するか、好感度や好奇心を喚起するか、それは図面上のサイン単品からは推し量れないものがあります。

私たちが目指すサイン企画とはこうした社会情勢や周辺環境を前提にして最高の効果を上げるものです。「理想のサイン」はビジネスとしての情報発信機能を果たしつつ、美しい都市景観の創出に欠かすことのできない存在になるものと確信して、一歩一歩前進を続けてまいります。




PageTop